2016年大学入試センター試験数学2B第2問 ①微分と極値

この記事では、2016年大学入試センター試験数学2B第2問に関して、微分と極値について解説します。 ■ 問題 2016年センター試験数2Bより 第2問  座標平面上で、放物線y=(1/2)x^2+1/2をC1とし、放物線y=(1/4)x^2をC2とする。 (1) 実数aに対して、2直線x=a,x=a+1とC1,C2で囲まれた図形Dの面積Sは   S=∫[a…

続きを読む

2016年大学入試センター試験数学2B第1問[2] ⑧解答一覧と公式・性質

この記事では、2016年大学入試センター試験数学2B第1問[2]の解答一覧と公式・性質を掲載します。 2B第1問[2]の解説→①ラジアンの基本、②[チ]まで、③[ツ]まで、④[ト]まで、⑤[ニ]まで、⑥[ヒ]まで、⑦最後まで ■ 問題 2016年センター試験数2Bより 第1問 [2] kを正の定数として   (cosx)^2-(sinx)^2+k{1/(c…

続きを読む