2015年センター数学1A第1問 ②平方完成のやり方

この記事では、2015年大学入試センター試験数学1A第1問に関して、平方完成のやり方を解説します。 2015年大学入試センター試験数学1A第1問ここまでの記事→①一般形と標準形 ★「青本」2019年数学★「赤本」2019年数学 ■ 問題 2015年センター試験数1Aより 第1問  2次関数    y=-x^2+2x+2・・・① …

続きを読む

今日から2015年分を掲載します

今日から2015年の問題を解説します。 2015年は、新課程になって最初の年でした。 今となっては定着した感もありますが、数学1Aでデータの分析の単元の扱いが大きめだったのは、多くの専門家が予想していなかったようです。 また、その他の問題の配置も大きく変化しました。 数学2Bはそれほど大きな変化はなかったと思います。 2018年の解説の残りは、2015年分を全て掲載してからとい…

続きを読む

2015年センター数学1A第1問 ①2次関数の一般形と標準形

この記事では、2015年大学入試センター試験数学1A第1問に関して、2次関数の一般形と標準形の使い分けを解説します。 ★「青本」2019年数学★「赤本」2019年数学 ■ 問題 2015年センター試験数1Aより 第1問  2次関数    y=-x^2+2x+2・・・① のグラフの頂点の座標は([ ア ],[ イ ])である。また  …

続きを読む