2019年センター数学2B第2問 ②極値

この記事では、2019年大学入試センター試験数学2B第2問に関して極値の基本を解説します。 前回の記事→①導関数 ■ 問題 2019年大学入試センター試験数学2B第2問より 第2問  p,qを実数とし、関数f(x)=x^3+px^2+qxはx=-1で極値2を とるとする。また、座標平面上の曲線y=f(x)をC,放物線y=-kx^2をD, 放物線D上の点(…

続きを読む

高校数学「積分」不定積分の計算

高校数学「積分」不定積分の計算 積分は微分の逆です。 微分するときは、指数を1下げて、もとの指数を係数にかけたのだから、 積分するときはすなわち、 指数を1上げて、新しい指数で係数を割る。 をすれば積分の完成です。 微分してできた式をもとに戻すのが積分。というわけですね。 一つ注意しなければいけないのは、定数を微分するとゼロなので、積分するときはその消えてしまった定…

続きを読む

本日配信のメルマガ。2019年センター数学1A第2問[1]完成 三角比

本日配信のメルマガでは、2019年大学入試センター試験数学1A第2問[1]を解説します。 【高校数学】読むだけでわかる!センター数学の考え方  http://www.mag2.com/m/0001641004.html リクエスト等ございましたら、mm@a-ema.comまでお知らせください。 ■ 問題 2019年センター試験数1Aより 第2問 …

続きを読む