高校数学「等差数列」等差数列の一般項

高校数学「等差数列」等差数列の一般項 等差数列は次の項にいく度に一定の数を足す数列です。 例えば自然数は、数列と見なせば次の項に行く度に1ずつ足していくので等差数列です。 この数列のn番目を式で表したものが「一般項」で、普通はanで表されます。 an=a+(n-1)d 公式としてはこのように表されます。 anはn項目を表し、aは初項、dは公差、nは項数です。 これら…

続きを読む