2018年センター数学2B第2問[2] ⑤最後まで

この記事では、2018年大学入試センター試験数学2B第2問[2]の最後までを解説します。

2018年大学入試センター試験数学2B第2問[2]ここまでの記事→①積分の基本②問題の設定を確認③[テ]まで④二等辺三角形の面積





★「青本」2019年数学★「赤本」2019年数学


■ 問題

2018年センター試験数2Bより

第2問

[ 2 ] 関数f(x)はx≧1の範囲でつねにf(x)≦0を満たすとする。t>1のとき、曲線y=f(x)とx軸および2直線x=1,x=tで囲まれた図形の面積をWとする。tがt>1の範囲を動くとき、Wは、底辺の長さが2t^2-2,他の2辺の長さがそれぞれt^2+1の二等辺三角形の面積とつねに等しいとする。このとき、x>1におけるf(x)を求めよう。

 F(x)をf(x)の不定積分とする。一般に、F'(x)=[ツ],W=[テ]が成り立つ。[ツ],[テ]に当てはまるものを、次の{0}~{8}のうちから一つずつ選べ。ただし、同じものを選んでもよい。

{0} -F(t)  {1} F(t)  {2} F(t)-F(1)
{3} F(t)+F(1)  {4} -F(t)+F(1)  {5} -F(t)-F(1)
{6} -f(x)  {7} f(x)  {8} f(x)-f(1)

したがって、t>1において

  f(t)=[トナ]t^[ニ]+[ヌ]

である。よって、x>1におけるf(x)がわかる。


※分数は(分子)/(分母)、xの2乗はx^2、マーク部分の□は[ ]で表記しています。


■ おすすめ問題集

数学3の微分の書籍です。数学2の微積にも活用できる部分があります。



2017年の大学入試センター試験数学1A2Bを詳細に解説しました。今回の問題にも活用できる項目があります。



数学の赤本(センター過去問)や、センター試験公式サイトも活用してみると良いかも知れません。


■ 解説

④二等辺三角形の面積で、Wと等しい二等辺三角形の面積が2t^3-2tであることがわかりました。

W=-F(t)+F(1)なので、2t^3-2t=-F(t)+F(1)です。

さらに、F'(x)=f(x)なので、F'(t)=f(t)ですね。

これらを組み合わせて考えると・・・

2t^3-2t=-F(t)+F(1)を微分してみれば良いのではないか?
と結びつくようにしたいところです。

f(t)はF(t)を微分したもの、F(1)は定数なので微分すると、消えるので

-F'(t)=6t^2-2
 F'(t)=-6t^2+2

つまり、f(t)=-6t^2+2です。

これでちょうど解答の形式と同じになりましたね!

よって、[トナ]=-6,[ニ]=2,[ヌ]=2


次の記事→⑥解答一覧と公式・性質

トップページ


【高校数学】読むだけでわかる!センター数学の考え方
http://www.mag2.com/m/0001641004.html

vol.367の記事を分割してお送りしています。
1回にまとめてご覧になりたい方は、該当する回を含む月のバックナンバーをご購入ください。


-----------------------------
 20年以上の実績。全学年、英・数・理をはじめ全教科対応
 かかる費用は授業料と教材費(定価)のみ!生徒募集中です!

プロ家庭教師の江間です。     AE個別学習室
http://www.a-ema.com/k/      http://www.a-ema.com/j/
-----------------------------

この記事へのコメント