本日配信のメルマガ。2017年センター数学1A第5問 平面図形の性質

本日配信のメルマガでは、2017年大学入試センター試験数学1A第5問を解説します。


【高校数学】読むだけでわかる!センター数学の考え方
 http://www.mag2.com/m/0001641004.html


リクエスト等ございましたら、mm@a-ema.comまでお知らせください。


■ 問題

2017年センター試験数1Aより

第5問

 △ABCにおいて、AB=3,BC=8,AC=7とする。

(1) 辺AC上に点DをAD=3となるようにとり、△ABDの外接円と直線BCの
交点でBと異なるものをEとする。このとき、BC・CE=[アイ]であるから、
CE=[ウ]/[エ]である。

 直線ABと直線DEの交点をFとするとき、BF/AF=[オカ]/[キ]である
から、AF=[クケ]/[コ]である。

(2) ∠ABC=[サシ]°である。△ABCの内接円の半径は[ス]√[セ]/[ソ]で
あり、△ABCの内心をIとするとBI=[タ]√[チ]/[ツ]である。


※分数は(分子)/(分母)、上付き・下付きの数字は半角で、xの2乗はx^2で、
マーク部分の□は[ ]、マル1は{1}で表記しています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
=========================== お知らせ1 ===============================

AE個別学習室(えまじゅく)東海村教室では、9月スタートの生徒募集を
しています。

1クラス4人までの少人数で、経験豊富なプロ講師の授業が受けられます。
対象は小学生~高校生・浪人生まで。
1回の授業では、基本的に英語または数学の1教科を集中的に指導します。
1:1の授業をご希望の方への特別コースもご用意しています。

「夏期講習をやったけど、今ひとつピンと来なかったな~」という人は、
まずは一度、えまじゅくの体験授業を受けてみてはいかがでしょうか?

全国大会経験者による指導が受けられる卓球教室の生徒も同時募集しています。

興味をお持ちの方は、まずは mm@a-ema.com までお問い合わせください。

家庭教師・塾のサイトと連絡先はここ → http://www.a-ema.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 解説目次

 ◆1 全部解いてから選択が理想だが・・・
 ◆2 まずは図形の設定を確認
 ◆3 円に直線が交わっているなら方べきの定理

(以下略)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
=========================== お知らせ2 ===============================

センター英語、数学を解説するブログを始めました!

■ センター数学を理由の理由まで解説するブログ
   http://centermath.seesaa.net/

■ センター英語をひとつひとつ解説するブログ
   http://a-emaenglish.seesaa.net/

2016年~2018年のセンター試験本試験の全問題の解説を掲載しています。
ただいま、2015年の問題を毎日更新中!


紙の書籍、電子書籍もご利用ください。
中学・高校の英語・数学の書籍を出版しています。

★江間淳(えまあつし)の書籍一覧 → http://amzn.to/2lnKZdS


------------------------------------------------------------------------

■ 解説

◆1は省略します。


 ◆2 まずは図形の設定を確認

第5問は、三角形と円を中心とする、図形の性質の問題です。
「この分野はパス」と決めている人は、今回は無視していただいても構いません。


では、今回の問題です。
まずは設定を確認していきましょう!
ぜひ図を描きながら読んでみてくださいね。

△ABCがあり、その辺の長さはAB=3,BC=8,AC=7だそうです。

この辺AC上に点Dをとり、AD=3とします。
BとDを結べば、△ABCは、△ABDと△BCDに分けられますね。

この△ABDの外接円を描いてみると、BCと交わるので、その交点をEとして
います。

まずはここまでいいでしょうか?

少し慣れている人なら、「こことここが同じだから・・・」とか
「これがそれと交わっているから・・・」とか気づくことがありますね?


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

 ◆3 円に直線が交わっているなら方べきの定理

最初の設問は、BC・CEの値です。

BCは△ABDの外接円と交わっています。
ACも△ABDの外接円と交わっています。

一つの円に2本の直線が交わっています。

そんなときは・・・

方べきの定理が使えますね!

2本の直線が円との交点で分けられたとき、線分の長さの積が等しくなる。という
定理です。これは中学数学の相似な図形の応用です。

「相似」とみるよりも「方べきの定理」と見た方が立式や計算が簡単なので、
現在の高校数学では主に方べきの定理を使うことになっています。

今回の図の場合は・・・


(以下略)


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

解説の続き・解答や公式一覧などは・・・

【高校数学】読むだけでわかる!センター数学の考え方
 http://www.mag2.com/m/0001641004.html

数学1A2B本試験の全問題を詳細に解説。\540/月。初月無料。火・金配信。


電子書籍版はこちら →→ http://amzn.to/2oZjEzX


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          発行者 江間淳(EMA Atsushi)
 mm@a-ema.com http://www.a-ema.com/k/ https://twitter.com/A_EMA_RYU
------------------------------------------------------------------------

この記事へのコメント