数学3「数列の極限」

数学3「数列の極限」

「n→∞」は「nが限りなく大きい」ことを表す。
n→∞ならば、1/nの値は限りなくゼロに近づくので、lim[n→∞](1/n)=0

等比数列を表す、r^nの形の式の場合、-1<r<1ならば、lim[n→∞](r^n)=0
分子より分母が大きいので、次の項にいくたびに、分母がどんどん大きくなり、絶対値はゼロに近づく。

これらの形を活用できるように与式を変形する。と考えると、初見の問題も解きやすくなると思います。


-----------------------------
 20年以上の実績。全学年、英・数・理をはじめ全教科対応
   最高級の指導を提供します!生徒募集中です!

プロ家庭教師の江間です。     AE個別学習室
http://www.a-ema.com/k/      http://www.a-ema.com/j/
-----------------------------


この記事へのコメント