2019年センター数学2B第2問 ④[ア]まで

この記事では、2019年大学入試センター試験数学2B第2問の[ア]までを解説します。


2019年数学2B第2問ここまでの記事→①導関数②極値③積分


■ 問題

2019年大学入試センター試験数学2B第2問より

第2問

 p,qを実数とし、関数f(x)=x^3+px^2+qxはx=-1で極値2を
とるとする。また、座標平面上の曲線y=f(x)をC,放物線y=-kx^2をD,
放物線D上の点(a,-ka^2)をAとする。ただし、k>0,a>0である。

(1) 関数f(x)がx=-1で極値をとるので、f'(-1)=[ア]である。これと
f(-1)=2より、p=[イ],q=[ウエ]である。よって、f(x)はx=[オ]で
極小値[カキ]をとる。

(2) 点Aにおける放物線Dの接線をlとする。Dとlおよびx軸で囲まれた図形の
面積Sをaとkを用いて表そう。

 lの方程式は

  y=[クケ]kax+ka^[コ] ……{1}

と表せる。lとx軸の交点のx座標は[サ]/[シ]であり、Dとx軸および直線
x=aで囲まれた図形の面積は(k/[ス])a^[セ]である。よって、
S=(k/[ソタ])a^[セ]である。

(3) さらに、点Aが曲線C上にあり、かつ(2)の接線lがCにも接するとする。
このときの(2)のSの値を求めよう。

 AがC上にあるので、k=[チ]/[ツ]-[テ]である。

 lとCの接点のx座標をbとすると、lの方程式はbを用いて

  y=[ト](b^2-[ナ])x-[ニ]b^2 ……{2}

と表される。{2}の右辺をg(x)とおくと

  f(x)-g(x)=(x-[ヌ])^2・(x+[ネ]b)

と因数分解されるので、a=-[ネ]bとなる。{1}と{2}の表す直線の傾きを比較
することにより、a^2=[ノハ]/[ヒ]である。

 したがって、求めるSの値は[フ]/[ヘホ]である。


※分数は(分子)/(分母)、xの2乗はx^2、マーク部分の□は[ ]で表記して
います。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
=========================== お知らせ1 ===============================

茨城県水戸市、常陸太田市、東海村の個別指導教室
「AE個別学習室(えまじゅく)」では、生徒募集をしています。

1クラス4人までの少人数で、経験豊富なプロ講師の授業が受けられます。
女性講師も指定可能です。対象は小学生~高校生・浪人生。
1回の授業では、基本的に英語または数学の1教科を集中的に指導します。
1:1の授業をご希望の方への特別コースもご用意しています。

東海村教室では、全国大会経験者による指導が受けられる卓球教室の生徒も
同時募集しています。

興味をお持ちの方は、まずは mm@a-ema.com までお問い合わせください。

家庭教師・塾のサイトと連絡先はここ → http://www.a-ema.com/

江間淳の書籍→http://amzn.to/2AUQ5GR

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 解説

前置きはこの辺にして、今回の問題です。

2019年は、3次関数f(x)=x^3+px^2+qxについての問題でした。

この関数は、「x=-1で極値2をとる」と言っています。

ここからいくつか式ができますね?

まずは、②極値でも触れたように「極値は接線の傾きがゼロになるところ」なので、
f(x)を微分し、x=-1を代入した式の値はゼロになります。

つまり、f'(-1)=0です。

よって、[ア]=0


次の記事→⑤f'(-1)の式


トップページ


【高校数学】読むだけでわかる!センター数学の考え方(月額540円初月無料)
http://www.mag2.com/m/0001641004.html

メルマガでは、ブログの記事数回分を1回にまとめて配信しています。
メルマガ限定で解説を追加している部分もあります。
リクエストにもお応えしますので、何かあればお気軽にご相談ください。

-----------------------------
 20年以上の実績。全学年、英・数・理をはじめ全教科対応
   最高級の指導を提供します。生徒募集中!

プロ家庭教師の江間です。     AE個別学習室
http://www.a-ema.com/k/      http://www.a-ema.com/j/
-----------------------------

この記事へのコメント